子猫用フードから成猫用フードへの切り替えはいつ?【大人用フードは何歳から?子猫が食べても大丈夫?】

その愛くるしい姿が、人間の心を掴んで離さない仔猫。

 

「この仔のためならなんでも出来る!」

 

という飼い主さんも多いのではないでしょうか!

 

仔猫には仔猫用フードがありますが、成猫と一緒に生活させていると大人用のフードを食べてしまう事もしばしば。

いずれ大人用のキャットフードに切り替えるとはいえ、

 

「まだこんなに小さいのに、大人用のご飯を食べて大丈夫?」

「そもそもいつから大人用フードにするの?」

 

と、心配になりますよね。

 

という事で今回は、

“仔猫が大人用フードを食べても平気なのか”、

“大人用フードに切り替えるベストなタイミングはいつか”

についてお話ししていきたいと思います!

 

もし仔猫が大人用フードを食べてしまったら?

まだ仔猫用フードを食べている猫が、いきなり大人用フードを食べてしまったら…

 

基本的に問題ありません!!

(※離乳が完了している場合)

 

大人用フードだからと言って仔猫の身体に悪影響を与えるものは入っていないので、うっかり食べてしまっていても大丈夫です!

 

とはいえ、まだ仔猫の段階から大人用フードだけ与えていれば良いという訳でもありません。

わざわざ仔猫用のキャットフードがあるのには、仔猫の成長に欠かせない成分量の違いがあるんです。

 

猫種や個体差によって多少のバラつきはありますが、仔猫が大人になるのは「およそ生後1年頃」が一般的。

この大人になるまでの約一年間は成長期で、この期間に猫の体は日を増すごとに大きくなっていきます。

 

体が小さいので必要なエネルギーが少ないのかと思いきや、成長するために成猫よりもかなりのエネルギーを消費するんです!

 

胃袋が小さい仔猫が必要なエネルギーや栄養は、成猫のなんと3倍!!

一度に多くの量を食べられないので、「少量で栄養豊富な高カロリー食」を複数回に渡って食べなければいけません。

それ故に、どんどん大きくなっていく仔猫にとって、大人用フードではカロリーや栄養が圧倒的に足りないんですね。

 

仔猫の成長期は身体造りの大事な時期。この時期の食事は、今後の猫の健康に大いに関わってきます。

 

必要な栄養素は同じでも、成猫と仔猫ではその量に大きな違いがあるので、仔猫には仔猫用のフードあげる必要があるんですよ!

 

一方で1歳を超えた成猫は急な成長が落ち着き維持期に入り、1日に必要なエネルギーは少なくなります。

この時期は逆にカロリーが多すぎると栄養過多で病気になりやすくなるため、大人用フードは仔猫用フードよりも低カロリーに作られています。

 

ですので、成猫になってからも仔猫用フードを与え続けると必然的にカロリーオーバーの栄養過多になってしまいます。

 

こうなると肥満や病気のリスクが跳ね上がるので、注意しましょう!

 

仔猫用から大人用フードへの切り替え目安は1歳!

先述したように猫種や個体差で様々ではありますが、一般的には1歳を過ぎると成長期を終えます(大型の猫だと2歳まで掛かる場合もあります)。

 

この後の1〜6歳までの期間は維持期と呼ばれ、仔猫の時よりは多くの栄養を必要としません。

むしろ大人用の低カロリーフードに変えてあげることが、健康維持には大切なんです!

 

ですので、1歳を目安に大人用フードに切り替えていきましょう!

 

ただし、猫は生き物なので個体差があるのは当然。

成長が遅い子や、そもそも成長期が長い大型の猫の場合は、生後1年を過ぎても仔猫用フードをあげるべきでしょう。

 

逆に成長が早い場合は、一年を待たずして大人用フードに切り替えても大丈夫です。

ただし、フードの形状や種類によっては猫に負担が掛かる場合があるので、一年未満で切り替える際は注意が必要です。

 

また、一般的には1歳が切り替え目安ではありますが、悩む場合は獣医師などの専門家に相談してからにしましょう!!

 

なお、大人用フードに限らずですが「今まで食べていたフードからいきなり別のものに変える」と、猫が食べてくれない場合があります。

大人用フードに切り替える際は、仔猫用フードに少しずつ混ぜ、徐々にその割合を多くしていきましょう。

 

愛猫にはいつまでも健康で長生きしてもらいたいもの。

そのためには毎日の食事はとても重要です。

猫の成長レベルによって必要となるカロリーや栄養量が異なる事を把握した上で、適切なキャットフードを与えましょう!