京都府警の採用情報を見て応募しました

初めから目指していたわけでは無かったが合格し憧れていた警察官へ

バイト時の経験から警察に興味があり京都府警の求人に応募体力トレーニングや試験対策など早い段階から準備し臨む初めから目指していたわけでは無かったが合格し憧れていた警察官へ

集団面接と体力試験は周りの人よりも上手くできた自信がありませんでしたが、無事一次試験を終えることができました。
ドキドキしながら結果を待っていたところ、合格の連絡がありました。
二次試験は個別面接がメインであり、これがかなり緊張したことをよく覚えています。
警察関係者に面接してもらうわけですから、かなり緊張しました。
概ね上手に答えることができましたが、ところどころ考えがまとまらずに言い直したこともあり、この点がマイナスになっていそうだと心配でした。

全ての試験を終えてから、毎日不安な気持ちで過ごしていたのですが、合格の通知があったのです。
とても嬉しかったですし、それと同時にまさか大学に入学したときはこのような就職先を選ぶとは思わなかったという不思議な気持ちになりました。
初めから警察官を目指していたわけではありませんが、出身学部などが指定されていなかったおかげで、なりたいと感じた仕事に就くことができました。
京都府警の採用情報を見て、応募しようと決心して良かったと思っています。