京都府警の採用情報を見て応募しました

バイト時の経験から警察に興味があり京都府警の求人に応募

大学生で就活を行っているときに、京都府警の採用情報を見て求人に応募しました。
特に夢がないまま大学に進学してしまい、大学では高校生のときから興味があった経済を学びました。
誰かの役に立つ仕事をしたいという気持ちはありましたが、福祉系や教育系は向いてないと感じていたのです。
そんなある日、バイト先でお客様が暴れるという事件が発生し、警察に連絡をしたことがあります。
すぐに駆けつけてもらうことができ、大きな事件に発展する前に場をおさめることができました。
その際に事情聴取などで警察官とやり取りをする機会があったのですが、このときに警察官に対して強い憧れを抱いたのです。
暴れ出したお客様を見て恐ろしくなり、警察に連絡することがやっとでしたが、駆けつけた警察官はなんてことはないというような感じで男性を確保して問題を解決してくれたのです。
この経験から警察に興味を抱くようになっていたのですが、文系に進学したこともありこの道に進むことは不可能だと思っていました。
それでも気になってしまい、地元の京都府警の採用情報を見ていたところ、様々な経歴の人が応募できることが分かったのです。
出身学部や学科が指定されているわけではないと知り、自分にもチャンスがあると分かりました。

バイト時の経験から警察に興味があり京都府警の求人に応募体力トレーニングや試験対策など早い段階から準備し臨む初めから目指していたわけでは無かったが合格し憧れていた警察官へ

京都府警 採用情報こちら / 京都府警察/各採用試験